loading

Loading

若手社員の1日

基本研修を受けた後に、
新卒社員が所属することになる
施工管理部門の若手社員の一日を紹介します。

8:15
出社
飛鳥の始業時刻は8時30分です。
少しだけ早く会社(本社または支店)
に出勤し、担当する現場に向かう準備を行います。
9:00
現場に出る
社用車で会社から担当現場へ向かいます。
現場では施工班や発注者との打ち合わせ、
資材やスケジュール、予算などの管理を行いながら
現場を監督します。
進行に合わせてコンクリート試験などの各種照査や、
施工状況を確認するための写真撮影も行います。
10:00
社外との
ミーティング
現場を担当している社員は「現場代理人」として、
発注者や協力会社などの社外の方との打ち合わせを行います。
相手の要望を聞きつつ当方の現状を報告しながら、
ベストな方法やアイデアを探ります。
12:00
ランチタイム
現場に出ている時は、施工班に属する作業員たちと
一緒に昼食を採る時もあります。
リラックスできるランチタイムだからできる会話で
盛り上がることも。
現場近くの美味しい店へみんなで出かけることも
あります。
13:00
ICTを使って
現場の調査
近年は工事現場のICT化やAI化が進んでいます。
中でもドローンの活躍は目立っており、
上空から俯瞰で確認できるので旧来より
進捗をつかみやすくなりました。
他にも飛鳥では撮影写真を合成して
3Dモデルを作成するシステムの導入検討を
進めるなど、最新技術の取り込みを積極的に
行っています。
16:00
会社に戻って
デスクワーク
担当する工事に関する各種書類
(作業手順書・管理簿・提出書類・請求書など)の
作成を行います。
測量データや工事記録、工事写真の整理、
進捗を記録するための竣工図面の作成なども重要な仕事です。
また、明日以降の施工ポイントの確認などを
行います。
17:00
社内ミーティング
週に1度は、配属先の各支店に所属するすべての工事担当者が集まり、それぞれが受け持つ現場の状況を報告する「工事会議」が開かれます。各支部の工事部は一つのチームとして動いており、お互いに助け合いながら業務を遂行。この会議では各現場が抱える課題のクリアに向けてアイデアを出し合います。毎日の進捗状況の共有は電話やメールなどで各部門長に行います。
18:00
退社
状況によって現場から直帰することもあります。
仕事が早く終わった日はショッピングや映画鑑賞に出かけることも。

飛鳥のアピールポイント!

武市進悟(2011年度入社)

2019年から土日完全週休2日制が導入され
プライベートの充実度がアップ!

アットホームで上下の壁なく社員同士がコミュニケーションを取りやすい職場環境です。若手に仕事をどんどん任せてくれる一方で、困った時は近くにいる頼れる先輩がサポートに入ってくれるので、安心して自分のやり方で業務を進められます。当社は全国各地に支店があるので出張する機会もあります。地方ごとに工事の進め方に違いがあるのを肌で知るのも良い経験です。また、出張のついでにその土地を観光できるのも魅力で、これまでに熊本県の阿蘇をはじめいくつも印象に残る場所に出会いましたね。