loading

Loading

研修制度 TRAINING

社内教育も入社時の新入社員研修をはじめとして、
職務レベルに応じた専門的な研修まで、全社員を対象に定期的に実施しています。

個人の能力と会社のレベルアップに向けた取り組み

技術の習得や資格取得、自己啓発など、社員一人ひとりの能力開発に飛鳥は力を入れています。新入社員から管理職までの段階ごとに、研修や講習、会議を設けると共に、社員の個の力を会社全体の力へと連動させるための取り組みを行い、自立を促す人材育成と継続的な会社の成長を目指しています。

新入社員研修(1年目~2年目)

入社式後1週間ほど社会人としてのマナーを学んだ後、本社事業本部にて業務内容全体についてレクチャーを受けます。その後は全国の支店工事部作業所に研修生として派遣され、工事担当者のもとで実際の工事をOJTで学んでもらいます。

2~3年目研修

支店の現場監督として業務を覚えていく中で、外部研修機関も利用しながら工事担当者としての責務、新工法などを学び、個々のスキルアップを目指してもらいます。

技能講習受講

工事現場で用いる車両系建設機械、小型移動式クレーン、高所作業車等について必要に応じ技能講習を受け、資格・免許を取得します。

工事責任者会議

支店工事部課長が集まり、新工種の施工方法、原価管理、工程管理などについて検討を行い、技術レベルの向上を図ります。

管理職研修

工事営業事務などの管理職が集まり、会社経営の手法や管理者としての心得について専門家のレクチャーを交えながら知識や素養を高めます。